令和4年度 ウッドファーストなあきたの住まいづくり促進事業の実施について

2022年04月20日 | コンテンツ番号 50290

 

1 事業概要

 県産材の利用拡大を図るため、県内の住宅建築において県産材を所定割合以上利用するとともに、県産材のPR活動に取り組む工務店グループ等に対して支援します。

2 補助対象

・ 工務店グループ等(県と令和5年度までを期間とする「県産材利用に関する協定」の締結が必要)が実施する次の取組

(1)補助要件を満たす木造住宅の新築

(2)県産材及び県産材を利用した住宅のPR(対象経費は以下の補助要件参照)

3 補助要件

(1)補助要件を満たす木造住宅の新築(以下①a又は①bと②の両方の実施が必須)

①a(通常枠) 構造及び下地における県産材利用率が66%以上であること

①b(県産材フル活用枠) 構造及び下地における県産材利用率が85%以上であり、主要構造材のうち、梁又は桁及び柱に県産材を必ず使用すること

② 県産材の内装・外装利用や主要構造部以外での県産JAS材利用など(「秋田らしい木づかい」)

(2)県産材及び県産材を利用した住宅のPR

 工務店グループ等が実施する内覧会や見学会の開催経費、チラシ作成や新聞雑誌等への広告掲載経費等(ただし、販売促進用の景品は対象外)

4 補助率

(1)補助要件を満たす木造住宅の新築

①a(通常枠):定額15万円/戸

①b(県産材フル活用枠):定額20万円/戸

(2)県産材及び県産材を利用した住宅のPR:定額15万円/グループ

5 補助対象期間

(1)補助要件を満たす木造住宅の新築(完成年月日が次の期間内)

①a(通常枠):

ア 令和4年4月1日~令和5年1月31日(県産材利用率66%以上)

イ 令和4年2月1日~令和4年3月31日(県産材利用率64%以上)

※ イについては、令和3年度までに「県産材利用に関する協定」を締結している工務店グループ等が対象

①b(県産材フル活用枠):

令和4年8月1日~令和5年1月31日(県産材利用率85%以上)

(2)県産材及び県産材を利用した住宅のPR(実施・支払等が次の期間内)

令和4年4月1日~令和5年1月31日

6 関係資料類

(1)事業全般

R4事業実施要領 [140KB]

R4事業チラシ [175KB]

(2)様式集

その1_事業計画関係Excel版 [94KB]

その1_事業計画関係PDF版 [316KB]

その1_事業計画関係(記載例) [336KB]

その2_補助金関係Excel版 [380KB]

その2_補助金関係PDF版 [325KB]

その2_補助金関係(記載例)PDF版 [343KB]

その3_支払関係Excel版[137KB] [143KB]

その3_支払関係PDF版 [476KB]

その3_支払関係(記載例)PDF [1257KB]

(3)参考資料

R4事業スケジュール(イメージ) [155KB]

R4事業の進め方(イメージ) [175KB]

(参考)認定等工場一覧 [346KB]