令和2年度集落活動担い手育成研修の受講者の募集について

2020年06月08日 | コンテンツ番号 50215

 集落における様々な活動の担い手となる方を増やしていくため、集落活動の維持・継続を図るための手法や先進的な取組事例に
 ついて学ぶ研修を実施します。
 以下のとおり、受講者の募集を行いますので、受講を希望される方はお申込みください。

〇 対象
 ・地域コミュニティ活動を担う意欲のある方
 ・地域おこし協力隊や集落支援員として活動されている方 など

〇 研修内容、時期及び場所
 集落活動基礎研修は、原則として受講者全員が出席するものとし、集落活動実践研修は、受講者が会場を選択して受講します。
 両方の研修を受講された方には、修了証を交付します。
 研修の詳しい内容については、添付の実施要領をご覧ください。

(1)集落活動基礎研修(兼 小さな拠点形成促進セミナー)
 日 時 令和2年7月18日(土)午後2時から午後4時30分まで
 会 場 秋田市文化会館(秋田市山王七丁目1-1)
 テーマ 住民自治の進化と地域運営組織
 講 師 斎藤主税 氏(NPO法人都岐沙羅パートナーズセンター理事・事務局長)

 ※集落活動基礎研修は終了しました。

(2)集落活動実践研修
<実践研修①>
 テーマ:さと歩きワークショップ 
 日 時:令和2年9月12日(土)
 会 場:五城目町森山地区公民館周辺(五城目町小池字森山下147)
 内 容:五城目町森山地区をフィールドに、「さと歩き」によって地域資源を洗い出す手法について学習する。

<実践研修②>
 テーマ:地域の課題解決と地域運営組織が果たす役割~オフラインとオンラインで学ぶ~
 日 時:令和2年9月22日(火・祝)
 会 場:浅見内公民館・みせっこあさみない(五城目町内川浅見内字後田86-1)
 内 容:五城目町内川浅見内地区で早くから地域課題の解決に取り組んできた「浅見内活性化委員会」が「お互いさまスーパー」の
     運営に乗り出した経緯や、現在の取組状況等について、現地視察と代表者の講演から学ぶ。
     また、地域づくり活動に先進的に取り組む一般社団法人筆甫地区振興連絡協議会(宮城県丸森町)が、これまでどのような
     歩みを進めてきたのか、また、昨年の台風19号による大規模災害に対し、地域はどう立ち向かっているのか、事務局長
     からの講演をオンラインで受講する。
 

〇 受講料
 無料。ただし、研修に参加するための交通費、宿泊費等の経費は受講者負担となります。

〇 募集人数
 45名程度

〇 申込み方法
 以下の参加申込書に必要事項を記入の上、FAXまたはメールによりお申込みください。
 F A X :018-860-3875
 メール:chiiki@pref.akita.lg.jp

実施要領 [70KB]
参加申込書 [639KB]
チラシ [991KB]
 集落活動担い手育成研修チラシ