秋田県における東京2020大会聖火リレーについて

2021年03月03日 | コンテンツ番号 49762

東京2020オリンピック聖火リレー

1 概要

 オリンピック聖火は、平和や希望の象徴とされています。ギリシャの古代オリンピアの太陽光から採火されたオリンピック聖火は、オリンピック開催国において、オリンピックムーブメントの最も力強い象徴となり、聖火ランナーが、リレーによりつないでいきます。東京2020聖火リレーのコンセプトは、「Hope Lights Our Way(英語) / 希望の道を、つなごう。(日本語)」です。支えあい、認めあい、高めあう心でつなぐ聖火の光が、新しい時代の日の出となり、人々に希望の道を照らし出します。

2 日時

 令和3年6月8日(火)~9日(水)

3 通過市町村 

  第1日 6月8日(火)

  湯沢市、横手市、由利本荘市、美郷町、大仙市、仙北市、秋田市

  第2日 6月9日(水)

  潟上市、八郎潟町、大潟村、能代市、大館市、男鹿市、鹿角市

 

 1日の終わりに最終ゴール地点で聖火の到着を祝う「セレブレーション」を、第1日はエリアなかいちにぎわい広場(秋田市)、第2日は花輪スキー場(鹿角市)で実施予定です。その他の通過市町村でも、スタート地点やゴール地点等でセレモニーを予定しています。

詳細については、以下のリンクをご覧ください。