ICT関連補助金等まとめページ(中小企業・小規模事業者支援)

2021年09月16日 | コンテンツ番号 49686

ICTを活用したサービス・新商品開発、生産性向上等を支援する補助金の情報を掲載しています。ぜひご活用ください。
なお、本ページに掲載している情報は、掲載日時点における概要ですので、ご利用の際は、各リンク先に掲載している公募要領等を必ずご確認ください。

かがやく未来型中小企業応援事業費補助金(非製造業)新型コロナ対策枠 ※商業貿易課

新型コロナウイルス感染症の影響により売上げが減少した中小企業が行う、自社の強みやIoT等の先進技術を活かした新規性の高い取組を支援します。新商品・サービスの開発、生産、販売や、サービス提供までのプロセス改善等による生産性向上、新分野進出にかかる経費が対象です。

<補助率及び補助金の額>
 補助率1/2以内、上限500万円
 ※グループの場合は補助率3/4以内
<募集期間>
 令和3年9月13日(月)~10月12日(火)17:00まで

詳しくは、次のページをご覧ください。https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/58881

第Ⅱ期中小企業デジタル化応援隊 ※経済産業省

※9月現在、新規案件支援が一時停止されています。最新の情報は、本事業の公式サイトでご確認ください。

中小企業・小規模事業者の様々な経営課題を解決する一助として、デジタル化・IT活用の専門的なサポートを充実させるため、IT専門員の紹介と謝金の補助を受けられます。

<対象となる業務例>

  • デジタル化課題の分析・把握・検討
  • IT導入に向けた支援(例:テレワーク、Web会議、ECサイト、キャッシュレス決済、セキュリティ強化 等)

<謝金の補助上限>
 1時間あたり最大3,500円まで
 (例)4,000円/時間単価(税込)のIT専門家と40時間の支援を内容とする準委任契約を締結した場合、
    中小企業等の費用負担は500円(税込)×40時間=20,000円(税込)
    専門家への謝礼金は140,000円(税込)

<期限>

  • 中小企業等による本事業への登録:令和3年9月30日(木)
  • 中小企業等とIT専門家による契約締結:令和3年11月30日(金)

詳しくは、次のページをご覧ください。
https://digitalization-support.jp/(第Ⅱ期中小企業デジタル化応援隊事業事務局ポータルサイト)

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金 ※経済産業省

新製品・サービスの開発、新たな生産方式の導入のための設備投資を補助します。「感染リスク型ビジネス枠」は、物理的な対人接触を減らす製品・サービスの開発や、生産プロセス・サービス提供方法の改善、ウィズコロナ・ポストコロナに対応したビジネスモデルへの転換に係る設備・システム投資が対象です。「グローバル展開型」は、上記投資を海外事業の拡大・強化等を目的としたものが対象です。

【一般型 通常枠】
<補助率及び補助金の額>
 中小企業:補助率1/2、下限100万円~上限1,000万円
 小規模企業者・小規模事業者:補助率2/3、下限100万円~上限1,000万円
<募集期限>
 8次募集:令和3年11月11日(木)

【一般型 低感染リスク型ビジネス枠】
<補助率及び補助金の額>
 補助率2/3、下限100万円~上限1,000万円
<募集期限>
 8次募集:令和3年11月11日(木)

【グローバル展開型】
<補助率及び補助金の額>
 中小企業:補助率1/2、下限1,000万円~上限3,000万円
 小規模企業者・小規模事業者:補助率2/3、下限1,000万円~上限3,000万円
<募集期限>
 8次募集:令和3年11月11日(木)

詳しくは、次のページをご覧ください。
http://portal.monodukuri-hojo.jp/(全国中小企業団体中央会ウェブサイト)

IT導入補助金 ※経済産業省

生産性向上のための業務プロセスの改善と効率化に対して、ITツールを導入する経費を補助します。

【通常枠(A・B類型)】
<補助率及び補助金の額>
 A類型:補助率1/2以内、30万円~150万円未満
 B類型:補助率1/2以内、150万円~450万円以下
<募集期限>
 3次募集:令和3年9月30日(木)
 4次募集:令和3年11月(予定)
 ※以降随時募集予定

【低感染リスク型ビジネス枠(C・D類型)】
<補助率及び補助金の額>
 C類型-1:補助率2/3以内、30万円~300万円未満
 C類型-2:補助率2/3以内、300万円~450万円以下
 D類型:補助率2/3以内、30万円~150万円以下
<募集期限>
 3次募集:令和3年9月30日(木)
 4次募集:令和3年11月(予定)
 ※以降随時募集予定

詳しくは、次のページをご覧ください。
https://www.it-hojo.jp/(サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局ポータルサイト)

小規模事業者持続化補助金 ※経済産業省

小規模事業者が経営計画を策定して取り組む販路開拓等の取組を支援します。「低感染リスク型ビジネス枠」は、感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立させる、新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取組が対象です。

【一般型】
<補助率及び補助金の額>
 補助率2/3、上限50万円
<募集期限>
 6次募集:令和3年10月1日(金)
 7次募集:令和4年2月4日(金)

【低感染リスク型ビジネス枠】
<補助率及び補助金の額>
 補助率3/4、上限100万円
<募集期限>
 4次募集:令和3年11月10日(水)
 5次募集:令和4年1月12日(水)
 6次募集:令和4年3月9日(水)

詳しくは、次のページをご覧ください。
◆通常枠
・日本商工会議所
https://r1.jizokukahojokin.info/

・全国商工会連合会
https://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/

◆低感染リスク型ビジネス枠
https://www.jizokuka-post-corona.jp/

人材確保等支援助成金(テレワークコース/機器等導入助成) ※厚生労働省

適正な労務管理下における良質なテレワークの導入・実施を通して従業員の離職率の低下を図る事業が対象です。

<補助率及び補助金の額>
 ・機器等導入助成:30%、上限100万円※1
 ・目標達成助成:20%※2、上限100万円※1
 ※1 ただし、①1企業あたり100万円、②テレワーク実施対象労働者1人あたり20万円のいずれか低い方の金額を上限とする
 ※2 生産性要件を満たした場合は、35%

詳しくは、次のページをご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/telework_zyosei_R3.html(厚生労働省ホームページ)

 

【募集終了】かがやく未来型中小企業応援事業費補助金(製造業) ※地域産業振興課

自社の生産性向上と競争力強化を図ろうとする県内中小企業の新規性の高い取組をハード・ソフト両面から支援します。

<補助率及び補助金の額>
 補助率1/3以内、下限50万円~上限500万円
<募集期間>
 令和3年5月10日(月)~6月15日(火)17:00まで

詳しくは、次のページをご覧ください。
https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/33790