「新型コロナウイルス感染拡大防止のための協力要請等」について

2020年05月15日 | コンテンツ番号 49208

新型コロナウイルス感染拡大防止のための協力要請等

 5月14日に緊急事態宣言が本県を含む39県で解除されたことにより、4月17日から実施していた緊急事態措置等を終了しました。
 しかしながら、東京都など8都道府県については引き続き特定警戒都道府県として宣言を継続しているため、感染拡大防止のための協力要請等を実施します。

 県民の皆様には、大変ご不便をおかけしますが、引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 政府は、5月4日、新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「特措法」という。)第32条第3項の規定に基づき、緊急事態措置を実施すべき期間を5月31日まで延長しておりましたが、14日をもって、緊急事態が本県を含む39県で期限を待たずに解除されました。
 本県においては、大都市に見られるような感染拡大は発生しておりませんが、感染拡大を防止し県民生活及び県内経済の安定を図るため、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための協力要請等」を次のとおり実施することとします。
 県民の皆様には、ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

協力要請等の期間 令和2年5月31日(日曜日)まで
対象区域        秋田県全域

1 県外への移動の自粛

 県外への移動(訪問など)を、真にやむを得ない場合を除き、避けていただくようお願いします。

 ※物流・運送サービス、インフラや設備の保守管理など社会の安定の維持に不可欠なサービス等を提供する事業者にあっては、適切な感染防止対策に留意しながら事業活動を実施。

2 「密閉」「密集」「密接」の「三つの密」を避ける

 
 集団感染の原因となり得る「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話する密接場面」の3条件が重なる場を徹底して避けていただくようお願いします。

 ※これまで、繁華街の接待を伴う飲食店、ライブハウス、カラオケ、スポーツジム等においてクラスターが発生したことに留意。

 特に、飲食店等における「三つの密」のある場面や不特定多数での会食は避けるようお願いします。

 また、若者は感染しても症状が出ない場合があることから、集団での活動を控えるようお願いします。

3 イベント・行事等の自粛

 県民及び事業者の皆様には、大規模又は不特定の県外の方が参加するイベント・行事等の開催については、リスクへの対応が整わない場合は中止又は延期するよう、ご協力をお願いします。

 ※ 一定規模のイベント等については、感染防止策を講じた上で次の目安により開催。
   ■屋内であれば100人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数であること
   ■屋外であれば200人以下、かつ人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2m)

 <感染防止策>
  ・入退場時の制限や誘導、待合場所等における密集の回避、手指の消毒、マスクの着用、室内の換気等が実施されていること
  ・イベントの前後や休憩時間などにおける交流等を極力控えること
  ・可能であれば、同意を得た上で参加者の名簿を作成し連絡先等を把握するなどしておくこと

 なお、ライブハウスなど密閉された空間において、大声での発生、歌唱や声援等が行われるものに関しては、慎重に検討するようお願いします。

4 県外からの移動の自粛

 県外からの移動(帰省など)を、真にやむを得ない場合を除き、避けていただくようお願いするとともに、ご家族・ご親類の皆様からも、この旨の適切なアドバイスをお願いします。

 また、転入された方、長期の出張や旅行帰りなどで県外から戻られた方は、自らが感染していることを想定し、2週間程度外出を控え、人との接触を最小限にするようお願いします。

5 感染につながる行動の自粛

 人混みや近距離での会話、集会所や飲食店などに集まりカラオケを行うことは、避けるようお願いします。

6 施設の使用停止(休業)の終了

 キャバレー、ナイトクラブ、スナック、バー等(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第1号の営業に係る許可を受けたものに限る。)や、ライブハウス、カラオケボックス、スポーツクラブに対し要請していた施設の使用停止(休業)については、令和2年5月14日で終了します。

7 引き続き休館している県の施設

 一部の県の施設で引き続き休館しております。ご利用される際は、お手数ですが各施設にあらかじめお問い合わせください。

8 各施設における感染防止対策の実施

 各施設管理者の皆様においては、「入場者の制限や誘導」「手洗いの徹底や手指の消毒設備の設置」「マスクの着用」等を行うことを含め、「三つの密」を避けること、室内の換気や人と人との距離を適切にとることなど、基本的な感染防止対策の徹底をお願いするとともに、従業員の働き方について、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤など人との接触を低減する取組をお願いします。

 また、各業界団体が作成する業種ごとの感染拡大予防ガイドラインに沿った取組の実践をお願いします。

 ⇒業種ごとの感染拡大予防ガイドラインはこちら
  ※表示されるガイドライン一覧の掲載URLをクリックしてご確認ください。

9 感染拡大を予防する新しい生活様式等の普及

 今後、早期診断や治療法の確立、効果的なワクチンの開発等が実現するまでは、感染の拡大防止と社会経済活動の両立を図っていく必要があります。

 今回、緊急事態は解除されますが、長丁場に備え、県民及び事業者の皆様には、「人との接触を8割減らす、10のポイント」や、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」をはじめとした基本的な感染対策の継続など、政府が推奨する「新しい生活様式」を参照の上、適切な行動をお願いします。
 

 

 

令和2年5月14日決定
秋田県新型コロナウイルス感染症対策本部

 

PDF版はこちら]

(休業要請に伴う「協力金」の内容・ご相談はこちら)