令和元年度 地域づくりリーダー養成研修事業の取組について

2020年04月06日 | コンテンツ番号 49042

 県では、人口減少下においても地域コミュニティの維持・活性化を図るため、周囲の人を巻き込みながら、これまでにない発想で地域の課題解決に取り組む「地域づくりリーダー」を育成する研修を平成30年9月に開講しました。

 2年目となる令和元年度は、新たに二期生10名が研修に加わり、平成30年度に受講を開始した一期生10名と合わせて20名が、地域を元気にするプロジェクトを立案しました。

 このたび、一期生のひとりで、平成30年7月に潟上市で「豊川ボンドフェス」を開催した小玉舞子さんのインタビュー記事が、“ほしい未来をつくるためのヒントを共有するウェブマガジン「greenz.jp」”に掲載されましたので、ぜひご覧ください!

 

 ★小さな地域から秋田県全域へ。秋田ソーシャルデザインの学校卒業生・小玉舞子さんの「豊川ボンドフェス」が地域に与えたインパクトとは。(外部リンク)

   [105KB]