小学校休業等対応助成金について

2020年04月13日 | コンテンツ番号 48983

小学校等が休業になった保護者(労働者)に対し、有給の休暇を取得させた事業主に助成金が支給されます。(農業法人等も対象になります。)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子の保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため、正規雇用・非正規雇用を問わず、有給の休暇(年次有給休暇を除く。)を取得させた企業に対する助成金が創設されました。

 制度や手続きの概要については、農林水産省ホームページ(外部リンク)をご確認ください。

 より詳しい情報は、厚生労働省ホームページ(外部リンク)をご確認ください。

(上記農林水産省ホームページからもアクセスできます。)

 

助成対象者

令和2年2月27日から6月30日までの間に
新型コロナウイルス感染症に関する対応として、ガイドラインなどに基づき、臨時休業等をした小学校等に通う子ども
新型コロナウイルスに感染した子どもなど、小学校等を休み必要がある子ども
の世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主が対象です。

ダウンロード

■ 小学校休業等対応助成金の概要リーフレット(農林水産省) [472KB]