新型コロナウイルス流行に係る「こころの健康」について

2020年04月10日 | コンテンツ番号 48949

新型コロナウイルスに感染された方やご家族の方へ

 このたびは、思いがけないご経験をされて、動揺し、気持ちがついていけないなどのつらい思いでいらっしゃるのではないでしょうか。ウイルス等の感染は、人々の生活の中で起こることであり、あなたやご家族のせいで発生したわけではありません。しかし、新型コロナウイルスについては、現在、社会的な関心が高いことから、ご自身のことを責めたり、偏見や差別的な言動など周囲の反応に胸をいためることがあるかもしれません。

 ストレス状態が数週間続くことがありますが、大変な経験をした時に多くの方に起こる正常な反応です。これらの状態は自然に回復していくことがほとんどですが、つらい気持ちを誰かに話すこと、相談することでつらさが和らぐことがあります。お一人で抱え込まずに、ご相談ください。

 ◎リーフレット【新型コロナウイルスに感染された方やご家族の方へ】[109KB]

新型コロナウイルス感染拡大により不安を感じていらっしゃる方へ

 新型コロナウイルス感染拡大やその影響に関連して、不安や疲れなどを感じている等ストレス状態が続くと、気持ちやからだ、考え方に様々な変化があらわれることがあります。

 こころの不調を感じていらっしゃる方は、お一人だけで抱え込まずに、ご相談ください。

◎リーフレット【新型コロナウイルス感染拡大により不安を感じていらっしゃる方へ】[171KB]

医療従事者とそのご家族のための新型コロナウイルスに関するこころの相談窓口

  医療従事者の皆様には、医療の最前線で新型コロナウイルスの対応にご尽力いただき、ありがとうございます。

 見通しの立たない中、多忙な業務に追われ、これまで経験したことがないストレスの中で日々頑張っていらっしゃることと思います。また、皆様とご家族の中には、周囲の誤った知識や偏見から、心無い言葉や扱いを受け、辛い状況に置かれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 高いストレス状態が続く場合は、一人で抱え込まずに、信頼できる人やに話を聴いてもらうことが大切です。当センターでは、医療従事者とそのご家族のためのこころの相談を受けています。匿名での相談が可能で、相談内容の秘密は守られます。

◎リーフレット【医療従事者の皆様へ】[98KB]