令和元年度 若者と地域をつなぐプロジェクト事業の取組について

2020年04月06日 | コンテンツ番号 48789

県では、令和元年度から、高校生等が企画する地域活性化に向けた取組の実現を後押しする「若者と地域をつなぐプロジェクト事業」を開始しました。

昨年度は、県内各地で10グループが地域活性化に向けたアイデアを練り上げ、様々な活動を展開しました。

【所属団体名と活動内容】
 十和田高校・きむさと「地域と連携したハロウィンイベントの実施」
 秋田北鷹高校・最高のお土産作り隊「伊勢堂岱遺跡の魅力をPRするおみやげの開発」
 秋田北鷹高校・music girls「浜辺の歌音楽館をPRするイベントの開催」
 能代高校・increasmile「高齢者と子どもたちの交流イベントおよび防災教室の開催」
 矢島高校「小学校および高校での番楽体験会の実施」
 大曲農業高校「地域住民との協働による商品開発」
 横手清陵学院高校「『横手絞り』を継承するための商品開発、体験会の開催」
 湯沢翔北高校「川連漆器のショッピングバッグデザイン」
 羽後高校「防災学習イベントの開催」
 横手/秋田南/聖霊女子短期大学付属高校合同・秋田県高校生連盟「高校生による高校生のためのSNS相談室プロジェクト」
 

このたび、各グループの活動内容をまとめた報告書を作成しましたので、ぜひご覧ください!

★令和元年度若者と地域をつなぐプロジェクト事業~IKKAKU HACK~報告書 [11423KB]