【R2.4.1以降】建設コンサルタント業務等における条件付き一般競争入札の関係要綱の改正について

2020年03月19日 | コンテンツ番号 48314

 秋田県では、入札・契約手続の透明性・競争性の向上を図ることを目的に、建設コンサルタント業務等において条件付き一般競争入札を試行しております。

建設コンサルタント業務等における条件付き一般競争入札の関係要綱の改正について(令和2年4月1日 以降適用)

【改正概要】

 1 土木関係建設コンサルタント業務

  • 業務区分について、業務Aと業務Bの基準額を5百万円から7百万円に引き上げます。
    • 秋田県建設コンサルタント業務等条件付き一般競争入札の参加要件標準を一部改正

 

 2 測量業務

  • 技術者保有数区分について、県内営業所に所属する者に限定していましたが、この限定条件を廃止します(住民票の写しの添付が不要となります)。
    • 秋田県建設コンサルタント業務等条件付き一般競争入札試行要綱の一部改正
    • 秋田県建設コンサルタント業務等条件付き一般競争入札試行要綱の運用の一部改正
    • 秋田県建設コンサルタント業務等条件付き一般競争入札の参加要件標準の一部改正(再掲)
    • 建設コンサルタント業務等条件付き一般競争入札公告文例の一部改正

ダウンロード