【R2.4.1以降】建設工事 総合評価落札方式運用の手引き等

2020年03月19日 | コンテンツ番号 48300

「秋田県総合評価落札方式(建設工事)運用の手引き」の一部を改正しました。

主な改正内容 (運用の手引き)

(1)新・担い手3法の理念を踏まえた見直し
   令和元年6月に、「公共工事の品質確保の促進に関する法律の一部を改正する法律」を含む新・担い手3法が成立したため、その理念を踏まえて評価基準等の見直しを行いました。

・担い手確保・育成に関する評価について項目を新設。

・働き方改革に関する評価について項目を新設し、関連する項目について評価基準や配点の変更。

・技術力に関する評価項目について、評価基準や配点の変更。

(2)受注者の負担軽減に向けた見直し
   評価状況に差がついていない評価項目の見直しにより、評価項目のスリム化、提出書類の削減を図りました。

 【評価項目一覧】(R2.4.1)  [94KB]