令和2年度秋田県公立高等学校入学者選抜前期選抜における数学の学力検査問題の誤りについてのお詫びとお知らせ

2020年01月30日 | コンテンツ番号 47228

 すでに報道されておりますが、令和2年1月30日に実施いたしました前期選抜において、数学の学力検査問題に誤りがありました。
 このたびの件では、受検生及び関係の皆様に多大なる御迷惑をおかけいたしたことを深くお詫び申し上げます。今回のことを厳粛に受け止め、今後の出題に当たりましてはチェック体制を強化し、再発防止に努めてまいります。
 また、このことにつきましては、次のように対応いたしましたのでお知らせいたします。

 

1 誤りのあった教科及び対応等
  ・教科:数学
  ・誤りのあった問題:大問2(5)
  ・対応:受検者全員を正解とし、一律に5点を与えます。

 

2 成立しないと判断した理由
 △ABCにおいて、2辺AB、ACから等しい距離にある点Pを定規とコンパスを用いて辺BC上に作図する問題です。中学校では、点と直線との距離とは垂線の長さのこととして学習していますが、辺BC上の点から辺AC上には垂線をひくことができないため、問題として成立しないと判断しました。