能代保健所発 こころの健康ミニ講座

2020年01月20日 | コンテンツ番号 46930

 精神疾患で医療機関にかかる患者数は、全国で400万人を超えており、決して稀な病気ではありません。
 能代保健所では、厚生労働省の「精神保健福祉普及運動週間」にあわせ、地元新聞に病気の理解や対処法、相談の仕方などについてのミニ情報を掲載しました。
 統合失調症やうつ病などの精神疾患は、早期の治療が早期の回復につながります。
 ぜひご一読ください。

 

※各項目をクリックすると広告記事が掲載されます。(PDFファイルです。)  

1 うつ病のサイン

2 統合失調症のつらさ

3 まずは相談を

4 福祉や医療に関する支援制度

5 差別や偏見を考える