沢口地区 県営ため池等整備(ため池)事業 竣工祝賀会が行われました

2019年12月11日 | コンテンツ番号 46347

 令和元年11月27日に大館市の曲田自治会館にて沢口地区の竣工祝賀会が行われました。

 [103KB]
竣工祝賀会の様子

 

 大館市の曲田に位置している沢口ため池は、明治19年に地域の水不足を解消するために造成されました。その後昭和33年に大改修を行い、今回の整備以前のため池となりました。しかし、大改修から50年以上が経過し、取水機能や防災機能が低下しており、豪雨時の下流域への氾濫被害が懸念されていました。

 こういった問題を解決するため、平成24年度から本ため池の整備事業が始まり、令和元年度に事業が完了しました。

 [219KB]
整備前の沢口ため池(平成25年)
 [270KB]
整備後の沢口ため池(令和元年)
 [217KB]
整備後の沢口ため池(空撮)

 本事業の竣工を契機に本地域の農業がより一層発展されることを祈念しております。

事業経緯

  • 平成24年度 事業採択/測量設計
  • 平成25年度 業務実施/測量設計
  • 平成26年度 工事着手/取水施設工
  • 平成27年度 工事実施/堤体工・洪水吐工
  • 平成28年度 工事実施/堤体工・洪水吐工
  • 平成29年度 工事実施/安全施設工
  • 平成30年度 工事完了/堤体法面保護工
  • 令和元年度 事業完了

事業概要

  • 受益面積 A=32.5ha
  • 総事業費 287,700千円
  • 費用負担 国55% 県40% 市5%
  • 工  期 平成24年度~令和元年度

沢口ため池 位置図