JICAボランティア令和元年度第二次出発隊員の皆さんが川原副知事を訪問しました

2019年12月10日 | コンテンツ番号 46294

11月25日(月)午前、JICAボランティア令和元年度第二次出発隊員の皆さんが、川原副知事を訪問しました。

訪問したのは、柴田夏実さん(モンゴル)、佐竹咲希さん(ホンジュラス)、嵯峨和夫さん(ウガンダ)、小松葉瑠さん(ネパール)の4名です。
柴田さんは幼児教育、佐竹さんは理学療法、嵯峨さんは電気・電子機器、小松さんは体育の各分野で、これから2年間に渡り任国にて活動されます。
 ジャイカボランティア表敬訪問の写真 [96KB]

 中島副知事とジャイカボランティアの集合写真 [120KB]
(左から、柴田さん、小松さん、川原副知事、佐竹さん、嵯峨さん)
懇談では、任国の風土、食文化、生活などが話題となり、皆さんが各自の活動内容と抱負を述べられると、川原副知事からは激励の言葉がありました。

最後に、川原副知事から「あきた友好親善大使」の委嘱状が交付されました。今回出発される皆さんには、「あきた友好親善大使」として、任国での本県のPRや、現地の生活や文化などについての情報提供を行っていただく予定です。

リンク