公衆浴場法施行条例及び旅館業法施行条例の一部を改正する条例(案)に関する意見の募集について(※意見募集は終了しました。)

2019年11月21日 | コンテンツ番号 45623

「公衆浴場法施行条例及び旅館業法施行条例の一部を改正する条例(案)」についての意見募集は終了しました。提出された意見はありませんでした。 ありがとうございました。

(以下、意見募集時の内容です。)

 

 

1.改正を予定している条例

◎公衆浴場法施行条例

◎旅館業法施行条例

2.意見の提出期間

令和元年10月31日(木)~11月20日(水)

3.改正の概要

◎公衆浴場法施行条例(案) [第3条関係]

①集毛器について、毎日清掃し、及び消毒することを加える。

②水位計配管について、1週間に1回以上清掃し、及び消毒することを加える。

③シャワー設備について、6箇月に1回以上の点検と1年に1回以上洗浄し、及び消毒することを加える。

④浴槽に湯水があるときは、ろ過器及び消毒装置を常に作動させることを加える。

    

◎旅館業法施行条例(案) [第5条関係]

①集毛器について、毎日清掃し、及び消毒することを加える。

②水位計配管について、1週間に1回以上清掃し、及び消毒することを加える。

③シャワー設備について、6箇月に1回以上の点検と1年に1回以上洗浄し、及び消毒することを加える。

④浴槽に湯水があるときは、ろ過器及び消毒装置を常に作動させることを加える。

4.関係資料の閲覧場所

秋田県生活環境部生活衛生課(県庁5階)                                                                                              秋田県総務部広報広聴課(県庁1階)                                                                                         各地域振興局総務企画部地域企画課                                                                                                                                                          

5.期間短縮の理由

 レジオネラ属菌を原因とした感染症は、全国で度々、死亡事例が発生している。厚生労働省では、厚生労働科学研究の最新の知見等を踏まえ「公衆浴場における衛生等管理要領」(以下「要領」という。)を改正し、感染症の防止について進めたところである。
 本県においても、県民や旅行者等の安全性を確保するため、要領と同様の改正を速やかに実施する必要があり、意見提出期間を短縮して意見募集を行うこととした。

6.意見の提出先

秋田県生活環境部生活衛生課
住所 〒010-8570 秋田市山王四丁目1番1号
FAX 018-860-3856
e-mail seikatsueiseika@pref.akita.lg.jp

7.意見の提出方法

郵送、ファクシミリ、電子メールのいずれかの方法により提出してください。
(様式は自由ですが、よろしければ以下のダウンロード様式をご活用ください。)

8.提出された意見等の公表

 提出していただいた御意見については、県の考え方を付して、内容を公開しますが、その際、提出者の住所・氏名は公開しません。なお、同様の意見が複数ある場合は、まとめて公表することがあります。
 また、条例(案)に対する賛成、反対のみの意見については、そのような意見があったことを公表しますが、改めて県の考えを示すことはしません。 

9.ダウンロード

公衆浴場法施行条例及び旅館業法施行条例の一部を改正する条例(案)の概要(PDF) [39KB]
意見書様式(PDF) [36KB]
意見書様式(Word) [14KB]