外国人材の受入れに関するアンケート調査結果について

2019年10月21日 | コンテンツ番号 45482

 本県では、多くの業種において人手不足が深刻化している状況にあり、人材確保の観点から外国人材の受入れへの関心が高まっています。
 こうした状況を踏まえ、県で設置した「秋田県外国人材の受入れ・共生に係る連絡協議会」の構成員である事業関係団体等の御協力をいただき、県内に所在する事業所の外国人材受入れの状況及びニーズについて把握するためのアンケート調査を実施しました。
 なお、県においては、主に秋田市以外の事業所を対象にアンケート調査を実施しておりますが、主要な調査項目については、秋田商工会議所が秋田市内の事業所を対象に実施したアンケート調査と同じ内容としたところであり、2つの調査結果を合わせて集計し、全県の傾向が確認できるよう取りまとめをしております。

1 調査件数

915事業所中520事業所回答(回答率56.8%)
(内訳)
  ・秋田県実施(令和元年7月下旬~9月上旬実施)
      489事業所中359事業所回答
  ・秋田商工会議所実施(令和元年5月実施)
      426事業所中161事業所回答

2 調査対象

(1)業種
   技能実習制度、在留資格「特定技能」の対象業種(一部業種を除く。)とされる事業所

(2)地域
   県全域
    ※秋田県実施→主に秋田市以外の事業所
    ※秋田商工会議所実施→秋田市内の事業所

3 調査結果

(1)外国人材の受入れに関するアンケート調査結果の概要 [87KB]

(2)【秋田県・秋田商工会議所実施調査】外国人材の受入れに関するアンケート調査結果(主要項目) [482KB]

(3)【秋田県実施調査】外国人材の受入れに関するアンケート調査結果(その他項目) ※主に秋田市以外の事業所を対象 [207KB]