都市計画道路千秋広面線手形陸橋の全線供用開始について

2019年10月21日 | コンテンツ番号 45469

  県が平成8年度より整備を進めてまいりました都市計画道路千秋広面線手形陸橋について、全線供用の見込みとなりましたのでお知らせいたします。
 今回の全線供用により、交通渋滞の解消や秋田駅東西間の連携強化が図られ救急医療への貢献や経済・産業活動の活性化が期待されます。

1 供用日時 令和元年11月17日(日) 午前5時~

2 供用区間    秋田市千秋城下町(せんしゅうじょうかまち) ~ 秋田市手形新栄町(てがたしんさかえまち)

3 事業概要 延長 540m 幅員 25m  
                         手形陸橋 延長 297m 幅員 車道14m(全幅員25m)

4 注意事項 全線供用に向けた準備作業のため、11月16日(土)午後9時より、交差点付近が断続的に
                         交互通行となりますので、ご留意下さい。

5 そ の 他     別途、完成式を予定しておりますが、詳細については決まり次第お知らせいたします。

 

全線供用参考図

 

 

ダウンロード