食品ロス削減のための取組を実践しましょう!

2019年11月01日 | コンテンツ番号 45074

 

 

 [123KB]

 国民運動として食品ロスの削減を推進するため、令和元年10月1日から「食品ロスの削減の推進に関する法律」(略称:食品ロス削減推進法)が施行されました。

 県では、県民の皆様に、「もったいない」という観点から食品ロス削減に取り組んでいただくため、セミナーの開催や普及啓発ポスターによる周知など、食品ロス削減に向けて取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 食品ロス削減のための取組を実践し、秋田県から「食品ロス削減の輪」を広げていきましょう。

 

 

 家庭での取組のポイント

 1 使いきれる分だけ買う
  ・買い物に行く前に、家にある食材をチェック!
  ・献立を考えて、使いきれる分だけ買うようにしよう。

 2 食べきるための調理テクニック
  ・作りすぎない工夫をしよう。
  ・在庫一掃の日をつくって食べきろう。
  ・残った料理をリメイクしよう。 

 3  使いきるまで、状態よく保存!

  ・買ったら(もらったら)すぐに下処理しよう。

  ・冷凍は新鮮なうちにして、解凍後もすぐに調理しよう。

  ・使うときのことを考えて、保存の仕方を考えよう。

  ・冷凍できる食品を知ろう。

参考

 令和元年10月5日に「あきた食品ロス削減セミナー」を開催しました。

 実施状況については、次のURLをご覧ください。(下線部をクリックしていただくと、実施状況掲載ページに移動します。)

  https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/45620