園芸労働力確保に関する取組

2019年07月10日 | コンテンツ番号 44472

 人口減少や高齢化が進む中、全国的に労働力の不足が問題化しています。県では、農業経営の規模拡大や園芸品目の産地化の進展より、特に人手による作業の多い園芸品目で安定的に労働力を確保するため、雇用環境の整備や多様な人材の確保に向けた取組を行っています。

主な取組

1 労働力の確保支援
   県域で労働力を確保する仕組みづくりに向け、関係機関・団体で構成する「秋田県労働力サポートセンター」で調査・検討を実施。

2 生産・労務管理の改善支援
   経営体の労務管理の効率化に向け、普及指導員や経営者の指導・労務管理スキルの向上を支援。
 
3 労働環境の改善支援
   軽労化による労務環境の改善や作業者の負担軽減を目指し、パワーアシストスーツ等の導入を支援。

秋田県農業労働力サポートセンターの概要

 行政と農業団体等が連携して、地域における労働力確保に向けた取組を支援することを目的に令和元年7月9日に設立しました。
 〇構成員・・・・農業法人協会、大規模園芸経営体、県立大学、JA秋田中央会、JA全農県本部、(一社)秋田県農業会議、県農林水産部
 〇アドバイザー・・・・秋田労働局、社会保険労務士会
 〇オブザーバー・・・・東北農政局、シルバー人材センター連合会、(公社)秋田県農業公社、県雇用労働政策課 

 

                                                                              
│ 行政と農業団体等が連携して、地域における労働力確保に向けた取組を支援すること│
│を目的に令和元年7月9日に設立                                               │
│                                                                             │
│ 構成員:農業法人協会、大規模園芸経営体、県立大学、JA秋田中央会、JA全       │
│農県本部、(一社)秋田県農業会議、県農林水産部                                 │
│ アドバイザー:秋田労働局、社会保険労務士会                                 │
│ オブザーバー:東北農政局、シルバー人材センター連合会、(公社)秋田県農業公社、│
│雇用労働政策課                                                               │