令和元年度「秋田県優良中企業者表彰」及び「秋田県工業功労者表彰」について

2019年09月02日 | コンテンツ番号 44450

 8月30日(金)に秋田県庁にて令和元年度「秋田県優良中小企業者表彰」及び「秋田県工業功労者表彰」の表彰式が行われました。

 「秋田県優良中小企業者表彰」は、多年にわたる安定した経営実績と雇用の維持・拡大を通じ、地域経済の発展に貢献してきた県内の中小企業者に、県から感謝の意を表するとともに、これを広く周知することにより、県経済の活性化と雇用確保の促進につなげることを目的とし、平成21年度に創設したものです。
 「秋田県工業功労者表彰」は、県内工業の発展又は県内工業団体の育成強化等に貢献された個人の方に対し、県から感謝の意を表するとともに、これを広く周知することにより、県経済の活性化と雇用確保の促進につなげことを目的とし、平成22年度に創設したものです。
 市町村及び地域振興局から推薦された企業、個人について審査を行った結果、今年度は次の3社、1名が受賞されました。

秋田県優良中小企業者表彰

 [122KB]

株式会社 門脇木材 様(集合写真 1番左)

 同社は、「木は全部使い切る」の経営理念のもと、森林伐採を行う林業関係者といった川上企業から、製材の輸送を行う輸送業といった川下企業まで、木材の流通に携わる関係者に大きな利益をもたらし、業界の発展に寄与されています。
 また、グループ会社及び協力会社と連携し、同社協和工場で発生した端材からバイオマスチップを製造し発電まで一貫して行うといった環境に配慮した発電サイクルを確立するなど、同社の革新性についても高く評価され、この度受賞となりました。

株式会社 清水組 様(集合写真 右から2番目)

 同社は、自社所有の船舶を用いた水上工事を得意とし、スーパーゼネコンの一次下請けとして地元のビッグプロジェクトに参画されるなど、多くの実績をあげられています。
 また、人材不足が深刻化する建設業界においていち早く人材確保に取り組まれ、中学生・高校生向けの企業説明会に積極的に参加されたり、現場に裁量を与え休暇の取得に柔軟に対応されるなど、雇用の維持拡大にも積極的に取り組まれていることについても高く評価され、この度受賞となりました。

株式会社 タカヤ 様(集合写真 1番右)

 同社は、昭和8年設立、86年に及ぶ経営実績を有され、創業当時から続く眼鏡販売に加え、同社の経営戦略のもと飲食店や食品小売店などのメガフランチャイジーとして、営業エリアを東北全域に広げるなど、積極的な経営拡大に取り組まれ、安定した経営実績をあげられています。
また、タイ王国での眼鏡無料配布ボランティアを始めるなど、国際貢献活動にも精力的に取り組まれており、同社の社会性についても高く評価され、この度受賞となりました。

秋田県工業功労者表彰

 [115KB]

秋田県アパレル産業振興協議会 会長 佐賀 善美 様(集合写真 右側)

 秋田アパレル産業振興協議会の会長として、研修会や会員企業同士の意見交換会の開催のほか、県庁第二庁舎ものづくり展示ホールでの会員企業10社による展示、東北ミシンショーへの積極的な参加などに取り組まれ、県内アパレル産業の発展に大きく貢献されています。
 また、コーディネート秋田協同組合の理事長にも就任されており、縫製業界にとって人材の確保・育成が課題となっている中、外国人技能実習生受入事業を他に先駆けて導入され、外国人技能実習生受入組合連絡協議会の会長としても各種事業を積極的に展開されたことなど、業界のリーダーとしてご尽力されたことも併せて高く評価され、この度受賞となりました。

 [115KB]
(懇談の様子)

受賞者の皆様、この度は誠におめでとうございました。