平成30年度 公共用水域に係る水質測定結果について

2019年07月31日 | コンテンツ番号 43755

 水質汚濁防止法に基づき実施した平成30年度の公共用水域の水質測定結果を取りまとめましたので、お知らせします。
 なお、詳細については、「3 ダウンロード」の「平成30年度 公共用水域に係る水質測定結果について」をご覧ください。

1 測定の概要

 県内の河川、湖沼及び海域の公共用水域では、国土交通省、秋田市及び県が分担して水質測定を行っており、平成30年度は河川115地点8,575項目、湖沼39地点4,492項目、海域21地点2,636項目、延べ175地点15,703項目で行いました。

2 測定結果の概要

(1)健康項目

 全ての測定地点で環境基準を達成しました。

 

(2)生活環境項目

 有機汚濁の代表的指標であるBOD又はCODの環境基準の達成率は、河川が98.9%、湖沼が41.7%、海域が76.9%であり、全体で90.7%でした。

 また、水生生物保全に係る環境基準項目(全亜鉛、ノニルフェノール、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩)の環境基準の達成率は、100%でした。

3 ダウンロード