オリジナルラベル県産酒の活用について

2019年07月02日 | コンテンツ番号 43343

株式会社秋田県酒類卸(秋田市)では、県と連携して企業向けにオリジナルラベル県産酒造成の企画を開始しました。
これは、県産酒の新たな販路開拓や県産酒の需要拡大を図るため、企業の創業記念や顧客向けの贈答用として、企業側のニーズに対応したオリジナルラベルを貼付した県産酒を受注するものです。

第1弾として平成29年から子育て支援等の取組で包括連携協定を締結している日本生命保険相互会社秋田支社の顧客向け贈答用日本酒のオリジナルラベル作成を受注し、完成商品の引き渡しが行われました。
今後、株式会社秋田県酒類卸では、販売店を通じて県内外の企業に対し顧客や社員向けの専用商品として、このオリジナルラベル県産酒を売り込む計画です。

← 完成した商品の引き渡しの様子(右:日本生命高橋支社長、左:秋田県酒類卸藤井商品部長)