「企業力UPセミナー~採れる企業・事業所になるために~」を開催しました。

2019年07月10日 | コンテンツ番号 42767

  仙北地域振興局では、管内企業・事業所が将来にわたって計画的に人材を確保し、今後も事業を維持・発展し続けられるよう、積極的な採用活動や企業力向上につながるチャレンジを応援しています!



 この一環として、このたび「若者目線で魅力を感じる企業とは?」「心に響く攻めの採用法」などを学ぶセミナーを次のとおり開催しました。

セミナー概要

  • タイトル 企業力UPセミナー~採れる企業・事業所になるために~
  • 日時   令和元年7月8日(月)10:30~
  • 会場   大曲エンパイヤホテル 孔雀の間
  • 講師   株式会社あきた総研 代表取締役 須田 紘彬 氏



 本セミナーでは、須田講師から「求人手法や対象へのアプローチにおける企業側の工夫」や「働き方改革の必要性」などについて、説明がありました。特に、働き方改革については「魅力ある職場づくりに繋がり、結果、業務の効率化等により中小企業における人手不足が解消するメリットもある」との提言がありました。

  [133KB]

【地元企業(26社)から企業経営者や人事担当者などが参加(行政関係者と合わせて約50名が聴講)】

  [115KB]

【株式会社あきた総研 須田講師:企業の人材獲得支援や講演実績も多数】
 
 セミナー後半には、昨年度、県事業も活用しながら働き方改革の実践に取り組んだ「株式会社タニタ秋田」「株式会社斉藤光学製作所」の管内2社から取組事例の発表をいただきました。

  [87KB]

【タニタ秋田・山田さん(左)、斉藤光学製作所・斉藤さん(中央)と須田講師との意見交換】



 なお、県では、関連事業として「働き方改革推進リーダー養成講座」を開講予定であり、参加を希望する企業を募集中です(申込期限:7月31日まで)。次の内容をご確認ください。

【関連事業】働き方改革実践モデル創出事業:働き方改革推進リーダー養成講座