【あきたへの就業をお考えの皆様へ】東京圏から県内企業へ就業された方に、最大200万円の移住支援金を支給する事業がスタート!

2019年03月25日 | コンテンツ番号 40943

 東京圏からの移住の促進と県内中小企業の人材確保を図るため、Aターン希望者と県内企業とのマッチングを強化するとともに、移住就業者に対し市町村と共同で移住支援金を支給します。


制度概要
〇移住・就業支援事業
1 一般分
 東京都23区在住又は通勤者が、マッチング支援対象法人に正規就職した場合、市町村から「移住支援金」を支給します。
 ・家族で移住・・・100万円/世帯
 ・単身で移住・・・60万円/世帯

2 県単支援分
 1の支援金対象者のうち、先進技術の活用を担う人材として、また人材不足が特に深刻な分野において就職する技術職・専門職である場合、県からさらに支援金を支給します。
 ・家族で移住・・・100万円/世帯
 ・単身で移住・・・60万円/世帯

Q&A
Q:移住支援金の対象となる移住・就業者は?
A:次の要件をすべて満たす方です。
①直前まで連続して5年以上、東京都23区に在住若しくは東京圏(埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県)から23区内に通勤していた方
②平成31年4月1日(月)以降、本県内に住所を定めた方で、移住支援金対象法人の求人に応募し、正規雇用された方
③転入先の市町村に5年以上居住する意思を持つ方
(詳細は「移住・就業支援事業実施要領」をご覧ください)

Q:移住支援金の対象となる就業先は?
A:以下のページに対象求人の一覧を掲載しています。対象求人一覧は随時更新します。
(対象求人一覧はこちらから

Q:申請、支給の方法は?
A:上記要件に合致する方は、対象法人への就業から3か月経過後、居住する市町村に申請します(詳しい申請方法は後日お知らせします)。さらに、県単支援分の対象となる一定の資格を有する方は、秋田県移住・定住促進課に、県単支援分の申請をお願いします(詳しい申請方法は後日お知らせします)。
なお、予算上限に達し次第、移住支援金の申込みは終了させていただきます。


 Aターン求人をしている県内中小企業の皆様はこちらをご覧ください。

ダウンロード