平成30年度仙北地域移住者交流会を開催しました。

2019年03月15日 | コンテンツ番号 40823

 地域おこし協力隊のネットワークづくりや起業・就業の情報収集を通じて定住につなげることを目的に、平成30年度仙北地域移住者交流会を開催しました。

 まずは、県から地域おこし協力隊の活動状況や県の取り組みについて説明した後、NPO法人TinyFieldsの尾崎美由紀代表のファシリテーションにより「移住者の定住に向けた取り組み」をテーマとしたワークショップを行いました。
 仙北地域の地域おこし協力隊から現在の活動報告や任期後のこと、様々な課題について発表していただき、それについて参加者が助言や意見交換を行いました。
 地域おこし協力隊員の皆さまの公私両面における課題が解決できるよう、様々な情報提供や支援の申し出があり、とても有意義な交流会となりました。

 地域おこし協力隊をはじめ、移住者の方々が思い悩んでいる課題に向き合い、解消していくことが定住、そして地域の活性化につながるため、仙北地域振興局では引き続き、移住者の定住促進に向けて取り組んでいきたいと考えています。

〇日時:平成31年3月8日(金)午後3時~午後5時
〇会場:Cafe&Delica「Kirinの木」
〇参加者:
 大仙市地域おこし協力隊3名、仙北市地域おこし協力隊2名、先輩移住者3名、市町職員3名、県職員5名の計16名

 [131KB]