「よこて建設女子会3rd」が開催されました

2018年12月28日 | コンテンツ番号 39273

 平成30年11月17日(土)、建設業に興味を持っている女子学生を対象とする「よこて建設女子会3rd」が横手市内で開催されました。
 今年で3回目となるこの催しは、県の委託を受けた(一社)平鹿建設業協会が主催したものです。当日は、女子学生18名、地元建設企業の女性技術者6名、国・県の女性職員8名、建設機械メーカー社員1名が集まり、現場見学会やドローン操縦等様々な体験をしました。

 【「防雪柵設置工事」現場見学】

 女性の現場代理人から現場説明を受けました。あいにくの雨でしたが、仕事のやりがいや家庭との両立についての話もあり、興味深そうに聞く参加者の姿が多く見られました。

  [96KB]

【「警察署建築工事」現場見学】

 参加者は、工事中の今しか見られない場所や作業風景に関心を寄せていました。
  [101KB]

 【ランチミーティング】

 おいしいランチを食べた後、和やかな雰囲気で意見交換をしました。女性技術者達に実際の具体的な仕事のことやプライベートのことを質問したり、進路相談をしたりする参加者もいました。
  [145KB]

 【ドローン体験会】

 秋田ドローンスクール(平鹿自動車学校)でドローン操縦を体験しました。初めて操縦する参加者が多かったのですが、コツをつかむのが早く、「楽しい」「もっとやりたい」という声が上がりました。
  [95KB]

【ICT活用講座】

 講師にコマツカスタマーサポート(株)東北カンパニー スマートコンストラクション推進部の菅原陽子さんを迎え、最新技術の紹介と建設現場における生産性向上等についてお話していただきました。

  [120KB]

【意見発表】

 最後に、グループごとに当日の感想や学んだこと等の意見発表をしました。発表された主な意見は次のとおりです。

  • 女性が働きやすい環境が整えられていて安心した。
  • 一般の人は見ることができない場所を見学できてとても貴重な経験になった。
  • 将来についていろいろ聞けて良かった。
  • ICTを活用して安全面や人手不足のサポートをしてくれるのを初めて知った。
  • 何もない土地に建物が建つことを改めてすごいと感じた。

  [243KB] 

 女性も建設業で活躍していることや最新技術を学んだ参加者が、未来の建設業を担う人財(人材)になってくれることを期待せずにはいられない一日でした。