JA秋田おばこりんどう専門部会販売額2億円達成記念祝賀会が開催されました!

2018年12月03日 | コンテンツ番号 38854

 集合写真

 平成30年11月26日(月)に大仙市グランドパレス川端において、JA秋田おばこりんどう専門部会販売額2億円達成記念祝賀会が盛大に開催されました。
 仙北地域のりんどうは、平成15年に仙北地域振興局の独自予算を活用し、旧中仙町の玉井氏のほ場において「りんどう実証ほ(8a)」を設置したことが始まりです。
 平成17年度には生産者も増え、186a分のりんどうが本格出荷され、JA秋田おばこりんどう専門部会も立ち上がりました。
 平成26年度初出荷から約10年でついに念願の販売金額1億円を達成。
 平成30年度には、2億円を超える販売金額を叩き出し今回の記念祝賀会の運びとなりました。 

 鈴木りんどう専門部会長のあいさつ
 祝賀会では、りんどう専門部会長から「1億円達成から数年で2億円を突破できたのも生産者戸々の頑張りと関係各位の協力の賜物。今後とも高品質・安定生産を維持しJA秋田おばこりんどうを盛り上げてゆきたい」との心強い挨拶がありました。

 栽培風景

 出荷状況

 出荷直前

 仙北農業振興普及課でも、今後さらなるりんどう産地の生産振興を図るため、各種事業の活用や栽培技術指導等を積極的に行い、生産者および産地を支援し続けてまいります。