平成30年度「子供と家族・若者応援団表彰」の受賞について

2018年11月28日 | コンテンツ番号 38687

 内閣府では、子供・若者を育成支援する活動及び子育てと子育てを担う家族を支援する活動に顕著な功績があった企業、団体又は個人を顕彰し、もって子供・若者の健やかな成長に資することを目的とした「子供と家族・若者応援団表彰」を実施しています。

 今年度、むつみ造園土木株式会社が「内閣府特命担当大臣(少子化対策)表彰」を受賞されました!

むつみ造園土木株式会社の主な取組内容

  • 年次有給休暇の半日単位取得や子の看護休暇の時間単位かつ有給取得
  • 育児休業後の勤務は原則として休業直前の部署及び職務
  • 「資格取得支援」対象となっている育児休業中の従業員が育休中に資格を取得し、復職後に取得資格を活かし職務遂行
  • 平成25年8月次世代法に基づく「子育てサポート企業」に認定
    ※県内10例目で、建設業企業としては2例目の認定
  • 社外向けには、収穫祭やサマーキャンプ等幅広い年齢層を対象とする行事を開催し、従業員と地域住民の交流を図るとともに、企業の活動への理解促進を実施

表彰式

 平成30年11月21日(水)に、中央合同庁舎8号館内閣府講堂で表彰式が行われ、河内隆事務次官から表彰状が授与されました。

 平成30年度内閣府表彰 表彰式写真 [262KB]

 副知事への表敬訪問

 平成30年11月28日(水)に、むつみ造園土木株式会社の佐々木代表取締役、倉部常務取締役が来庁し、堀井副知事へ受賞報告をしてくださいました。

副知事への内閣府表彰受賞報告1 [266KB] 副知事への内閣府表彰受賞報告2 [277KB]

 表敬訪問のくわしい様子は、こちらからご覧ください。
 (少子化対策総合ウェブサイト「ベビーウェーブ・アクション」)
 ※表彰制度の概要等については、内閣府HPをご覧ください。