東京2020パラリンピック競技大会開催に伴うタイ王国脳性麻痺スポーツ協会との事前合宿実施に関する覚書締結

2018年10月29日 | コンテンツ番号 38179

 秋田県と大館市は、タイ王国のおけるボッチャ競技及び陸上競技等を所管するタイ脳性麻痺スポーツ協会(CPSAT)と、東京2020パラリンピック競技大会におけるタイ王国ナショナルチームの事前キャンプに関する覚書を締結いたしました。
 なお、12月中旬にはタイパラリンピック委員会会長並びにタイ脳性麻痺スポーツ協会長が大館市を訪問する予定となっております。
 東京2020オリンピック・パラリンピックに向け県内のスポーツの機運醸成とともに、報道機関各位におかれましては取材方、特段のご配慮をお願いいたします。

 

1 締結日 平成30年10月24日(水)
2 締結者 タイ王国脳性麻痺スポーツ協会 会長 ナイヤノブ・ビロバグディー
      秋田県            知事 佐 竹 敬 久
      大館市            市長 福 原 淳 嗣
3 タイ王国脳性麻痺スポーツ協会について
   同協会は、タイ国内におけるパラスポーツ(障がい者スポーツ)のボッチャ競技、陸上競技、CPフットボールを所管する協会です。
   なお、タイボッチャチームは、リオデジャネイロ・パラリンピックチーム戦で日本と決勝で対戦、金メダルを獲得しているチームであり、今月8月にイギリス(リバプール)で開催された世界選手権のチーム戦でも決勝で日本と対戦し、優勝している現在世界ランキング1位のチームです。

4 タイ王国ボッチャチーム
 2012年ロンドン大会     団体BC1/2 金メダル
 2016年リオデジャネイロ大会 団体BC1/2 金メダル
            (7種目中 金メダル2個を含む5個のメダルを獲得) 
 2018年世界選手権      団体BC1/2 金メダル(他多数獲得)
 2018年アジアパラ競技大会  団体BC1/2 金メダル(他多数獲得)

5 事前キャンプ実施予定
   平成32年8月25日から開催される東京2020パラリンピック競技大会のボッチャ競技と陸上競技の事前キャンプをタクミアリーナ(ボッチャ競技)と長根山陸上競技場(陸上競技)で実施する予定となっております。

6 ボッチャ競技
ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。障害によりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できます。競技は男女の区別のないクラスに別れて行われ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦と3対3のチーム戦)があります。