「秋田県仙北建設業協会 若手職員フォローアップ研修会」が開催されました

2018年09月14日 | コンテンツ番号 37040

 平成30年8月28日(火)大曲エンパイヤホテル(大仙市)において、入社5年以内の若手職員を対象とするフォローアップ研修会が開催されました。

 この研修会は一般社団法人秋田県仙北建設業協会の主催によるもので、この研修会に参加することによって会社の垣根を越えた”地域における同期の仲間づくり”をしてもらい、次代を担う若者の定着率を向上させることを目的に開催されたものです。(平成30年度建設産業担い手確保育成支援事業(補助事業)の取組の1つです。)

 研修会では講師に株式会社あきた総研の須田紘彬氏を招き、31名の若手職員が約2時間のワークショップに参加しました。

 [85KB]

 [240KB]

  ワークショップ終了後は、同協会佐藤吉博会長をはじめ青年部役員らも加わって野外バーベキューを楽しみ、親睦を深めました。

 参加者からは「ほかの会社の人と知り合うきっかけをもらえてよかった」「会社以外にも仲間がいることは心強いと思う」という声が聞かれました。

 同協会では今年度中にもう一度同様の研修会を開催する予定となっています。