秋田県建設産業担い手確保育成センター出前講座について

2018年08月08日 | コンテンツ番号 36553

 秋田県建設産業担い手確保育成センターでは、工業高校の教員経験のある者を「担い手確保育成推進員」として採用し、高校への個別訪問を通じて、県内の建設産業の魅力や取組状況等をPRしています。
 多くの高校では、生徒の職業意識の向上を図るため、企業の経営者や若手社員等を講師に招いて行う職業講話の授業があります。
 センターでは、職業講話が得意な建設産業関係者を講師として登録し各高校に紹介する「センター出前講座」を実施しています。

(建設企業・団体関係者へ) 講師を募集しています!

● 県内の建設企業等で活躍している役員・従業員であって、高校生に対して、わかりやすく、楽しく、建設産業の魅力を伝えることができる者を募集しています。
● センターサポート部会員の関係者でない場合は、原則として建設産業団体の推薦が必要です。推薦する場合は、ダウンロードにある「推薦票」をご利用ください。

【登録(推薦)要件】
・県内建設企業等の役員・従業員であること(年齢・役職は不問)
・高校生に対して、わかりやすく、楽しく建設産業の話ができること
・遠方の高校からの講師派遣依頼にも対応可能であること 等

【講師報酬・旅費】
 報酬は無報酬とし、旅費は県の関係規程に基づきセンターから支給します。

(学校関係者へ) センターが講師を紹介します!

● センター出前講座を利用したい場合は、担い手確保育成推進員(電話:018-860-2910)までお問い合わせください。
 次のようなご相談に対応できますので、まずはお電話ください!

・出前講座について詳しく知りたいので、学校まで説明に来てほしい。
・経験豊富な経営者を紹介してほしい。
・当校出身の若手社員に講話をお願いしたい。
・土木と建築から1名ずつ講師を紹介してほしい。

・総合建設業1名、設備工事業1名、測量・設計1名、計3名の講師を揃えて、2時間くらい講演してほしい。
・建設業の話だけでなく、職業人としての心構えや経験など、他産業への就職希望者にも役立つ講話としてほしい。
・地元の建設会社だけでなく、●●市方面の建設会社の講師も呼んでほしい。


※建設産業以外の講師の紹介・派遣依頼であっても、担当部局に取り次ぐことができる場合がありますので、まずはセンターまでご相談ください。

● センターを経由して講師を受け入れる場合は、報酬・旅費ともに不要です。

ダウンロード

センター出前講座登録講師推薦票 [14KB]