高温と少雨に対する農作物等の当面の技術対策について

2018年07月30日 | コンテンツ番号 36402

 梅雨明け(7月20日、仙台管区気象台)の発表以降、全県的に高温と少雨の傾向が続いております。今後も最高気温30℃以上が予想されているほか、1週間程度まとまった降雨が期待できない予報になっております。
 このため、高温や少雨による農作物等への影響が懸念されることから、技術対策を参考としてください。

 高温と少雨に対する農作物等の当面の技術対策 [151KB]