「秋田県秋の大型観光キャンペーン」について

2018年08月30日 | コンテンツ番号 36286

平成30年9月~11月の3ヶ月間、JR東日本グループと県及び市町村や観光事業者等が協力して、秋田が大切に守り、育ててききた「自然」「食」「温泉」等、多彩な秋田の魅力を国内外に発信する大型観光キャンペーンを展開します。

キャンペーンポスター キャンペーンガイドブック

(キャンペーンポスター 及び キャンペーンガイドブック)

 

観光キャンペーンのキャッチフレーズは、「秋の さく、さく、あきた」

色とりどりの紅葉の中、落ち葉を踏みしめながら、温泉・食事・自然・芸術文化など多様で豊かな秋田の魅力を楽しみ、旅する様子を表現しています。

 キャンペーン期間中には、世界自然遺産登録25周年を迎える白神山地をはじめとした鮮やかな紅葉が見ごろを迎え、県内の伝統行事が一堂に会する「新・秋田の行事」などの大規模なイベントが開催されるほか、本県においては4年ぶりにSL列車が運行されます。
また、首都圏等で集中的なプロモーション活動を展開し、秋田へのさらなる誘客を図ります。
 


期間中における誘客プロモーションやイベント、さまざまな取組などの情報については、「7月25日記者会見配布資料」(PDFファイル) [1848KB]をご覧ください。

秋の大型観光キャンペーン特設サイト「秋の さく、さく、あきた」も併せてご覧ください。