横手清陵学院高校の生徒を対象とする「測量設計出前講座」が開催されました

2018年07月27日 | コンテンツ番号 36091

 平成30年7月10日(水)、横手清陵学院高校の生徒を対象とする「測量設計出前講座」が開催されました。
 この出前講座は、一般社団法人 秋田県県土整備コンサルタンツ協会の主催によるもので、測量の現場で使用している最新の測量機器を体験してもらい、将来の進路選択のひとつとして測量業に興味を持ってもらうことを目的に開催したものです。
 (平成30年度建設産業担い手確保育成支援事業(補助事業)の取組の1つです。)

 今回の出前講座には、土木科の2年生24名が参加し、リアルタイムで位置を測定できるRTK-GPSや自動追尾トータルステーションによる地形測量、ドローン操縦を体験しました。


【講義概要説明】
 [116KB]

【RTK-GPSの体験】
 [124KB]

【トータルステーションの体験】
 [142KB]

【ドローン操縦体験】
 [85KB]