2018あきた水と緑の森林祭が開催されました。

2018年07月23日 | コンテンツ番号 36064

県民の皆様に「水と緑の条例」や「水と緑の森づくり税」及び「緑の募金」の普及啓発を図り、県民参加の森づくりを推進するため、あきた水と緑の森林祭が開催されました。

日  時:平成30年7月7日(土)10:00〜15:00

場  所:式典(美郷町「大台野広場」)  植樹活動(旧花岡スキー場)                                                

地域貢献活動(七滝水源かん養保安林)

開催ポスタ- [166KB]

式典(大台野広場) 

 

   式典会場(当日は小雨)         

   [122KB]   [129KB]       

 

参加者を魅了した、美郷町菖蒲太鼓保存会による勇壮な「後三年の役合戦太鼓」。                      

   [127KB]   [158KB]

 

開会宣言 主催者あいさつ 歓迎のあいさつ
 [106KB]  [96KB]  [97KB]
秋田県緑化推進委員会                理事長 佐藤 重芳 秋田県副知事 中島 英史 美郷町長 松田 知己

  

表         彰
秋田県水と緑貢献賞 秋田県県産木材利用推進功労者
 [112KB]  [115KB]  [111KB]
NPO法人みさぽーと(美郷町) さくらの会(大仙市) 株式会社 堀川林業(仙北市)

  

 美郷町立千畑小学校六年生によるメッセ-ジ朗読              

 [146KB]

わたしたちは、美しい森や川、海を守り育て、未来に引き継いでいくため、これからも森づくり活動を続けていきます。

 

 

  植樹活動(旧花岡スキー場)

 [259KB]  [214KB]  [320KB]
参加者による植樹活動。植え穴を掘り、粉炭を混ぜ、肥料を蒔いて、ホウノキの苗木を植え付け、踏み固めて完了です。
 [298KB]  [306KB]  [281KB]
 汗にまみれながらの植樹活動、ご苦労様です。  小さな苗木ですが、「薬樹の森」として大きく育つことを期待しております。 植樹が終わって、参加者で記念撮影。

 ※植樹した美郷町有林「旧花岡スキー場」は、水と緑の森づくり税「県民参加の森づくり事業」として、平成26年度から「薬樹の森づくり活動」として、「ホオノキ」を植樹しており、今年度で5年目を迎えます。  

ホウノキの樹皮には、強い抗菌効果があり「和厚朴(わこうぼく)」として薬用に利用されています。 


地域貢献活動(七滝水源かん養保安林) 

 七滝「水の森」植栽事業(美郷町実施)で植栽したブナ苗木の成長をよくするため、樹木の下の雑草や雑木を刈り払っていただきました。 

  [213KB]   [343KB]   [361KB]
 参加者の受付  現地で作業手順などを説明。  刈払いは鉈鎌(なたがま)で。
  [317KB]   [335KB]   [227KB]
 刃物での刈り払い、事故が無いよう間隔を開けての作業。  誤ってブナの苗木を刈らないよう慎重な作業。  巻き付いた「つる」は手作業で丁寧に取り除きます。
  [230KB]   [216KB]  [254KB] 
 鬱蒼(うっそう)とした雑草との格闘。

【 完成】参加者の刈払いによって、雑草、雑木の被圧から解放されたブナが成長し、将来、里を災害から守り、地域を水で潤すことでしょう。