秋田県の人材を育てるために行動する社長会議

2021年01月05日 | コンテンツ番号 36019

社長会議とは

秋田地域振興局では、人口減・社会減の抑制に向けて、官民が連携し、人材確保を推進させるための「官民連携による人材確保推進プロジェクト」を始動させ、プロジェクトを具体的に推進する場として「秋田県の人材を育てるために行動する社長会議」(社長会議)を組織しました。

社長会議では、人材確保・育成に意欲をもって取り組んでいる経営者が出会い、県や市町村などの施策・事業や制度を活用しながら、県内外の求職者を惹き付ける魅力的な人材確保活動や事業拡張を連携して実施することにしております。

参加する経営者・企業に共通するのは、地域社会における企業の使命感を経営者と社員とが共有し、その情熱を行動に移すことで社員の満足度向上(=業績向上)につなげようとしている点です。

上記の理念に共感する経営者には、自発的に会議に参加していただくとともに、秋田県の人材確保、ひいては人口減抑制に対して官民連携で対応してまいりたいと思います。

 秋田地域振興局では、令和2年12月9日に今年度第2回目の社長会議を開催しました。

 管内企業14社が参加した会議では、前半で秋田県就活情報サイト「KocchAke(こっちゃけ)」の企業情報のブラッシュアップをテーマに、県移住・定住促進課から「こっちゃけ」の機能や利用状況、企業ページの良い例などを情報提供してもらい、その後、意見交換を行いました。

 意見交換では、
・各企業がページを充実させるほか、「こっちゃけ」自体のPRを県にもっと頑張ってもらいたい
・「こっちゃけ」経由でのインターンシップへの申し込みや求人に対する応募が増えて企業が効果を実感できれば、企業ももっと努力するのではないか
といった意見が出ました。

 [115KB]

 後半は、秋田県立大学で学生の就職支援をしているキャリア支援チームの担当者から、今年度の就職状況や学生の考え方等について情報提供をしていただき、意見交換を行いました。

 意見交換では、
・大手ゼネコンの企業説明にはかなわない。県内で勉強しているなら県内で仕事をするという意識付けをしてもらえないか
・学生へのアンケートによると県内就職を検討しなかった学生が半数以上いる。学生に対する働きかけやPRが必要ではないか
などの意見が出ました。

 また、県立大学からの情報提供として
・まともにPRすれば大手に学生を持っていかれる。県内企業は最初から最後まで仕事に関われるのが魅力など大手にない魅力で対抗してはどうか
・インターンシップから応募・選考に結びつく例が多い。今年はコロナで夏休みにインターンシップを開催できなかったと思うが春までに複数回開催するのが主流。参加した学生には継続的にアプローチしてほしい
・12月から大学3年生に対する求人票の公開を開始している。早めの動き出しも大事
といった話をしていただきました。
 [86KB]
 以上から、今後、県内企業の魅力の伝え方、学生の価値観を変えるため、大学生に県内企業の魅力を伝える場の設定を検討していきたいと考えています。

 詳細は当日資料および議事要旨をご覧ください。

  ・第2回会議(令和2年12月9日)   当日資料  次第 [38KB] 名簿 [71KB] 配席図 [52KB]
                            資料1(こっちゃけ) [734KB]
                            資料2(採用計画、採用実績等アンケート結果) [202KB]
                            資料3(学生の就活スケジュール) [252KB]
                            県立大資料 [177KB] 

                      議事要旨 [240KB]


 平成30年度から開催している社長会議は今回が9回目の開催です。
過去の会議の詳細は以下の資料、議事要旨をご覧ください。 

ダウンロード

1 「官民連携による人材確保推進プロジェクト」について →こちら [173KB] 

2 「秋田県の人材を育てるために行動する社長会議」の開催状況

<令和2年度>
  ・第1回会議(令和2年8月19日)   当日資料  次第 [33KB] 名簿 [66KB] 配席図 [50KB]

                            資料1[344KB] 
                            あきた学生就活サポーター資料 [121KB]
                            参考資料 [146KB]                  

                      議事要旨 [191KB]

 

<令和元年度>
  ・第1回会議(令和元年7月16日)   当日資料  次第・名簿 [318KB]  会議資料 [993KB]

                            その他資料 [1121KB]

                      議事要旨 [199KB]

  ・第2回会議(令和元年11月19日)  当日資料  次第 [26KB] 名簿 [56KB]

                      講演会・意見交換会概要 [398KB]

       ・第3回会議(令和2年2月17日)   当日資料  次第 [75KB] 名簿 [44KB] 配席図 [47KB]

                            資料1 [172KB] 資料2 [149KB]

                            資料3 [159KB] 資料4 [2367KB]

                      意見交換概要 [206KB] 議事要旨 [158KB]

<平成30年度>

  ・第1回会議(平成30年7月6日)   当日資料 次第 [77KB] 名簿 125KB] 配席図 [139KB]

                           資料1 [120KB] 資料2 [66KB] 資料3 [778KB]

                           資料4 [224KB] 資料5 [133KB]                   

                      議事要旨 [227KB]

  ・第2回会議(平成30年9月7日)   当日資料  次第・名簿 [249KB]  会議資料 [1070KB]

                      議事要旨 [292KB]

  ・第3回会議(平成30年10月23日) 当日資料  次第・名簿 [230KB]  会議資料 [1577KB]

                      議事要旨 [259KB]

  ・第4回会議(平成31年1月24日)  当日資料  次第 [72KB]  名簿 [107KB]

                      議事要旨 [177KB]

  ・第5回会議(平成31年3月26日)  当日資料  次第 [55KB]  名簿 [112KB]

                      講演会要旨(会議の前に実施した講演会の要旨) [498KB]
                      議事要旨 [310KB]           

3 その他 

・秋田県知事との意見交換会について

 平成30年7月30日に「産業人材の確保・育成」をテーマにして佐竹秋田県知事と社長会議のメンバーとの意見交換会を行いました。

 各企業における人材確保の取組を知事に紹介するとともに、更なる人材確保には何が必要かなどについて、現場の視点に立った意見交換を実施しました。

 意見交換会の概要・詳細は →こちら(第6回「経営者が考える!産業人材の確保・育成について」を参照してください。)

  

秋田地域振興局では、人口減・社会減の抑制に向けて、官民が連携し、人材確保を推進させるための「官民連携による人材確保推進プロジェクト」を始動しており、プロジェクトを具体的に推進する場として「秋田県の人材を育てるために行動する社長会議」を組織しました。

社長会議では、人材確保・育成に意欲をもって取り組んでいる経営者が出会い、県や市町村などの施策事業・制度を活用しながら、県内外の求職者を惹き付ける魅力的な人材確保活動や事業拡張を連携して実施することにしております。

参加する経営者・企業に共通するのは、地域社会における企業の使命感を経営者と社員とが共有し、その情熱を行動に移すことで社員の満足度向上(=業績向上)につなげようとしている点です。

上記の理念に共感する経営者には、今後次々と自発的に会議に参加して頂き、秋田県の人材確保、ひいては人口減抑制に対して官民連携で対応してまいります。