平成30年度第1回秋田版生涯活躍のまち推進協議会を開催しました。

2018年07月20日 | コンテンツ番号 35787

 県では、東京圏をはじめとする地域の中高年齢者が希望に応じ、地方や「まちなか」に移り住み、多世代の地域住民と交流しながら健康でアクティブな生活を送り、必要に応じて医療・介護を受けることができるような生涯活躍のまち(CCRC)を導入したまちづくりを促進するため、県、市町村、大学、金融機関、関係団体等で構成する「秋田版生涯活躍のまち推進協議会」を平成28年度に立ち上げました。

 今年度の第1回目の協議会では、秋田県内でのCCRCに関連した取組について会員から情報提供いただくとともに、講師を招き先進事例を紹介いただきました。
 

  • 日時
    平成30年7月18日(水) 午後1時30分から午後3時30分まで
  • 場所
    秋田県教育会館 3階 会議室
  • 出席者
     43名(会員、県庁各課室、傍聴者)
  • 内 容
    1. 秋田版生涯活躍のまちづくりの状況について
    2. 生涯活躍のまちの先進事例について
      テーマ:「生涯活躍のまち推進による地域づくり」
      講 師:一般社団法人 生涯活躍のまち推進協議会
          事務局長 芳地 隆之 氏
      ※ 事例についての詳細は、ダウンロードファイルをご覧ください。
    3. 意見交換会
      (当日の様子)
      協議会の様子1協議会の様子

      ダウンロード