IoT基礎技術研修会について(平成30年度)※すべて終了しました

2018年06月08日 | コンテンツ番号 34862

  1. 目的: 実習を通して、IoT技術を製造現場などに導入する際に必要となる基礎技術を修得していただきます。製造現場における問題をIoTによって解決したい方に最適です。
  2. 日時:
        (秋田市) 平成30年5月15日、16日 (終了しました)
        (由利本荘市) 平成30年5月22日、23日 (終了しました)
        (県南地区) 平成30年7月24日(火)、25日(水)(終了しました)
        (県北地区) 平成30年8月21日(火)、22日(水)(終了しました)
  3. 会場:
        (秋田市)秋田県産業技術センター 研修棟 第二研修室
        (由利本荘市)本荘由利産学共同研究センター2F
        (県南地区)   秋田県大曲技術専門校 民間訓練支援室
        (県北地区)   秋田県鷹巣技術専門校 CAD室
  4. 対象:県内の製造業や情報産業の企業に所属し、IoT技術を修得したい方。
  5. 受講料: 無料
  6. 研修内容
        1日目 9:30~17:00
              IoTとは、IoT応用例、エッジデバイス、ネットワークの基礎
        2日目 9:30~17:00
              IoTとクラウド、IoTとクラウド実習、機械学習実習
  7. 講師:
        秋田県産業技術センター 主任研究員 佐々木信也 氏
        秋田県産業技術センター 主任研究員 佐々木大三 氏
  8. 定員:10名(1社から複数名参加の場合は、1つの機材を共有していただきます。)
  9. 主催:秋田県   共催: 秋田県産業技術センター
  10. 募集期間:
        (秋田市) (終了しました)
        (由利本荘市) (終了しました)
        (県南地区)(終了しました)
        (県北地区)(終了しました)
  11. 応募方法:webサイト掲載の研修参加申込書に記載のうえ、FAXやE-mailで秋田県デジタルイノベーション戦略室宛てに送付してください。
  12. オブザーバ参加(1社複数名でご参加)の方へ:
     無線LANに接続可能なPCをお持ちいただくと効率的です。
     演習ではソフト等を利用します。
      ・arduino IDE ( 要ライブラリ:ESP32、mqtt)
      ・node-red
      ・mosquitto
      ・influxdb
      ・grafana
      ・anaconda(もしくは python3, jupyter-notebook, sklearn, pandas)
     なおOSは、macやLinuxが良いですが、windowsも一部実習可能です。