5月31日(木)は「世界禁煙デー」です。                秋田県庁舎の敷地内禁煙を試行します。

2018年05月23日 | コンテンツ番号 34031

〇5月31日(木)は、世界禁煙デーです。

〇県では、当日、受動喫煙防止対策の徹底を図るため、秋田県庁舎の敷地内禁煙を実施します。


世界禁煙デー


 「世界禁煙デー」は、たばこを吸わないことが一般的な社会習慣となるよう様々な対策を講ずべきであるという世界保健機関(WHO)の決議により設けられ、平成元年からは5月31日と定められています。
 また、厚生労働省では、平成4年から「世界禁煙デー」に始まる1週間(5月31日~6月6日)を「禁煙週間」と定めています。
 今年度の禁煙週間は、受動喫煙による健康への悪影響から人々を守ることを目的とし、「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」をテーマとし、禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行うことにしています。


敷地内禁煙の取組


 県では、「健康寿命日本一」の実現に向け、県庁舎に訪れる方や職員の受動喫煙を防止するため、10月1日(月)から県庁舎の敷地内禁煙を実施するとともに、職員は、勤務時間内禁煙とします。
 また、敷地内禁煙に先立ち、5月31日以降、以下の期日を敷地内禁煙の試行日としますので、県民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

  6月28日(木)、7月26日(木)、8月9日(木)、

  8月30日(木)、9月13日(木)、9月27日(木)


対象施設


 本庁舎、第二庁舎、秋田地方総合庁舎、各地域振興局庁舎、知事部局に属する単独公所の庁舎(一部の研修施設等を除きます。)