法務省の名称を不正に使用して、金銭を要求する事案に関する注意喚起について

2018年05月08日 | コンテンツ番号 33955

 法務省の名称を不正に使用して、架空の訴訟案件を記載したハガキにより金銭を要求する事案に係る相談が、各地の消費生活センターに多数寄せられています。 

 このため、消費者庁では、消費者被害の発生又は拡大の防止を図るため、消費者の皆様に注意を呼びかけています。

 詳しくは、次の消費者庁公表資料をご覧ください。

 

 ◆消費者庁ウェブサイトリンク先◆   

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/pdf/consumer_policy_information_180427_0001.pdf