建設企業訪問日誌(2018.4.12)~総合建設業者~

2018年04月17日 | コンテンツ番号 33368

 平成30年4月12日(木)、潟上市にある「秋田瀝青建設株式会社」様を訪問し、総合建設業における若者や女性の活躍の状況などについてお話を伺いました。

秋田瀝青建設株式会社(潟上市飯田川下虻川字上谷地161)

 秋田瀝青建設株式会社は、潟上市に本社がある総合建設業者です。
 センター職員が同社を訪問し、代表取締役の斉藤豊隆様と工務部工務課係長の大友円様から自社の取組についてお話を伺いました。大友係長は、入社以来女性技術者として現場で活躍されています。


●「人の和」が最も大事。コミュニケーションをとりやすい雰囲気づくりをしたり、慰労会や社員旅行等の行事を設けるなど社員間の連帯を深められるような取り組みをしていること。

●若者には自信をつけてもらいながら育成し、徐々に経験を積んでもらうように努めていること。

●女性のいる現場は雰囲気が違う。現場で働く人たちのモチベーションが上がるような細やかな配慮があり、評判が良いということ。

●「本人ファースト」であることが女性活躍の鍵。女性が働きやすいように職場環境を整備している。そのためには会社全体のコミュニケーションが欠かせないということ。

【写真中央:斉藤社長、右側:大友係長】

 [234KB]