【終了しました】アトリオン30年記念セレモニーを開催します

2018年04月16日 | コンテンツ番号 33112

アトリオン30年記念セレモニーは終了しました。多くのご来場ありがとうございました。
  

秋田総合生活文化会館(アトリオン)が開館30年を迎えることを記念し、ミニコンサートと花時計再稼働の記念セレモニーを行いました。セレモニー後の平成30年4月16日(月)以降、1日に4回花時計の花びらが開きます(時間:10時、12時、15時、18時)。

アトリオン30年記念セレモニー 開催概要

  • 日時:平成30年4月15日(日)12時~12時30分(予定)
  • 場所:アトリオン1階 広小路側入口
  • 主催:秋田県、秋田市、日本生命保険相互会社

※どなたでも参加・観覧できます。混雑が予想されますのでご注意ください。

花時計写真
 アトリオン(秋田総合生活文化会館)は、平成元年11月18 日にオープンし、当初より館内中央吹き抜けに据え付けられている花時計は、アトリオンのシンボルとして県民に親しまれてきました。
 花時計は、平成25 年に故障してから作動を停止ししておりましたが、このたびアトリオン30 年を記念して修理を行い、記念セレモニーで再稼働することとなりました。
 セレモニーではスペシャル企画として、30 年前のアトリオン竣工式典において演奏された「アニバーサリー・ファンファーレ」と「祝典前奏曲」を再演します。演奏曲は30 年前と同じ四反田素幸先生(作曲家)に作曲、編曲を依頼し、金管アンサンブルメンバーは当時のメンバーを含む県内音楽指導者を中心として再結成しました。
 これまで多くの方に支えられて30 年を迎えられることに心よりお礼申し上げるとともに、これからも県民にとって魅力的な総合生活文化会館を目指しますので、30 年記念セレモニーでは是非多くの方にお祝いしていただけるよう、ご来場をお待ちしております。

タイムスケジュール

  • 開会(12時)
  • 主催者挨拶(秋田県副知事 堀井啓一)
  • テープカット(秋田県、秋田市、日本生命保険相互会社)
    ※秋田県PRキャラクター「んだッチ」登場
  • 「アニバーサリー・ファンファーレ」演奏
  • 花時計稼働
  • 金管アンサンブル「祝典前奏曲」演奏
  • 秋田県民歌斉唱
  • 閉会(12時30分予定)

※作曲、編曲、指揮 四反田素幸(作曲家・前秋田大学副学長)
※演奏曲・メンバー紹介 高橋澄雄(秋田市立桜中学校校長)
※演奏 金管アンサンブルメンバー 13名