男鹿市土地改良区が設立されました。

2018年01月31日 | コンテンツ番号 31268

平成30年1月31日、男鹿市内の7土地改良区(男鹿市若美、男鹿東部、男鹿市渡部、男鹿市払戸、男鹿市福川、八郎潟西部干拓地区、男鹿市北浦一ノ目潟)が合併し、男鹿市土地改良区が設立されました。

31日は、県秋田地方総合庁舎にて合併認可書の交付式が行われ、男鹿市土地改良区設立委員会からは中田謙三委員長が出席し、山田宗弘秋田地域振興局農林部長から認可書が手渡されました。 [58KB]

男鹿市土地改良区の概要は次のとおりです。地域の中核的な土地改良区として、活躍が期待されています。

男鹿市土地改良区の概要

  • 地区面積 2,348ha
  • 組合員数 1,672人(重複除く)
  • 総代数 60人
  • 役員数 25 人(1期目に限り27人)
  • 職員数 12人
  • 所在地 男鹿市角間崎字家ノ下462-3(旧男鹿市若美土地改良区に同じ)