【参加者募集中】『2017語り部交流会inあきた』を開催します!

2017年12月28日 | コンテンツ番号 30825

 【参加者募集中】『2017語り部交流会inあきた』を開催します!

 農業農村に関わる歴史や文化を語り伝え、地域活力の向上や地域振興につなげることを目的として、「2017語り部交流会inあきた」を開催します。

 なお、参加申込みをFAX又は電話で受け付けております。詳しくは別添チラシをご覧ください。お気軽にご参加ください。(入場無料) 

 ★「2017語り部交流会inあきた」開催要領

1 目的
    農地や疏水(そすい)をはじめとした、農業農村に関わる歴史や文化などを、様々な視点からとらえ、語り伝えることで、先人の思いや昔から受け継がれてきた農村に宿る精神(こころ)を再確認し、これを地域活力の向上や地域振興などにつなげる。
   
2 テーマ
    雄勝の水物語を次世代に継げる~学び、育てる、未来づくり~

3 開催趣旨
    湯沢雄勝地域では、はるか昔から現在にかけて火山活動によって創り出された自然や湧き出る清水があります。その恵みと共に生きながら、農業用水を引くために汗を流し、時には涙を流しながら困難に立ち向かい、最後には念願を成就して今の暮らしを切り拓いてきた人々がいました。
    こうした人々の努力や功績は、今も地域の語り部によって子どもたちへ、女性へ、そしてこの地に住む人々へと学び伝えられています。
    この現代の語り部たちの話を温ね、わたしたちの地域の新しい未来を語り合います。

4 日時
    平成30年1月23日(火) 13:00~15:45

5 場所
    羽後町文化交流施設 美里音(羽後町貝沢字拾三本塚111-1)
 

6 内容
(1) 基調講演
     ・ 講師: 菅原 徳蔵 氏(あきた森づくり活動サポートセンター所長)
     ・ テーマ: 美しき水土里の郷おがち
     ・ 内容: 菅江真澄が見た人々の暮らしと、三途川の酸性水対策の歴史を中心に、湯沢雄勝地域の農業とムラの歴史について講演
     
(2) 読み聞かせ
     ・ 紙芝居「よそえもんぜき物語」
     ・ おはなしの会「ひまわり」 佐藤 スミ子 代表ほか
    
(3) 事例報告
     ・ 報告者(1): 水土里ネット稲川 施設管理課長 日野 聡 氏
             駒形小学校6年生児童
     ・ テーマ(1): 学校と土地改良区が紡ぐ水の学び
     ・ 報告者(2): ゆざわジオパークガイドの会 藤木 忠良 氏
     ・ テーマ(2): ジオツーリズムがつなげる自然と水の恵み
     ・ 報告者(3): 阿部 奈津美 氏(水土里ネットうご)
     ・ テーマ(3): 家族で伝える水の物語
     
(4) 語りフォーラム
     ・ コーディネーター: まちづくりファシリテーター 平元 美沙緒 氏
     ・ パネリスト: 報告者
     ・ オブザーバー: 秋田県農林水産部農地整備課長 能見 智人

 

・語り部チラシ(表面) [885KB]

・語り部チラシ(裏面) [225KB]