「新卒入職者フォローアップ研修会」が開催されました

2017年12月18日 | コンテンツ番号 30583

 平成29年12月7日(木)、今春に県内建設業に就職した若手社員を対象とする研修会が秋田市内で開催されました。
 この研修会は、新入社員の定着率向上とスキルアップを目的として、一般社団法人秋田県建設業協会が開催しているものであり、今年で2回目となります。
 全県各地から、同協会会員企業の新規採用者63人が参加し、講師(職業訓練法人全国建設産業教育訓練協会富士教育センター)による講話やグループ毎の意見交換などが行われました。
 建設業界は今、出前講座や現場見学会などを通じて建設業の魅力を伝える取組だけでなく、就職していただいた若者をしっかりと育てる活動にも力を入れています。
 教育関係者や保護者の皆様、ぜひ、こうした取組を知っていただき、生徒の就職指導等に役立ててくださるようお願いします。

【研修会の様子】
 研修会 [98KB]