第12回水産振興センター参観デーを開催しました!

2017年09月07日 | コンテンツ番号 28388

 平成29年8月5日(土)に、当センターで参観デーを開催しました。当日は快晴のもと428名の方に来ていただきました。
 参観デーでは、パネルによる研究紹介やお風呂やプールに入っての魚遊び、夏休みの工作にもなる海藻押し葉づくり、海と八郎湖の魚や男鹿海洋高校の生徒さんが製造した缶詰の試食など、様々な企画を開催しました。これらの企画を通して、来場者の皆様には、目から、指から、口から秋田の水産業や海・川の生き物に理解を深めていただけたことと思います。
 タッチ水槽やお魚プールなどでは、普段あまり触れることのない魚に触れようと子供達が小さな手をいっぱいに伸ばしていました。また、家庭で役に立つロープワーク講座やアジのツボ抜き体験では、皆様が熱心に学ばれておりました。今後は是非、ご家庭で実際に活用していただければ幸いです。
 今年も県外から鵜ノ崎海岸に遊びに来ていた方、リピーターの方、親子連れ、年輩者など、様々な方にいらしていただきました。来年もまた、皆様に楽しみながら学んでいただける企画を多数実施したいと思います。来年の参観デーでお待ちしておりますので、皆様お誘い合わせの上、是非お越しください。
お魚風呂 海と八郎湖の魚の試食
家庭で役に立つロープワーク講座 アジのツボ抜き体験