社会福祉施設等におけるノロウイルスの予防対策について

2018年12月19日 | コンテンツ番号 19144

 
 感染性胃腸炎の患者発生は、例年12 月の中旬頃にピークとなる傾向があります。この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、特にノロウイルスによる集団発生例が多くみられており、ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒の集団発生には注意が必要な状況となっています。
 各障害者支援施設及び障害福祉サービス事業所並びに障害児入所施設及び障害児通所事業所におかれましては、手洗いの徹底や、糞便・吐物の適切な処理等の感染予防対策をお願いします。

ダウンロード