新型コロナウイルス感染症について

2020年02月19日 | コンテンツ番号 16317

 [113KB]

 [120KB]

  

 

更新内容

(令和2年2月19日)NEW

  • 「新型コロナウイルスに関するQ&A」の内容が更新されています。(厚生労働省にリンクしています。)
  • 「(リーフレット)秋田県民のみなさまへ~大切なお知らせです~」の内容を更新しています。

県民のみなさまへ

2019年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市を皮切りに、新型コロナウイルス感染症が国内外で発生しています。

県民のみなさまにおかれましては、インフルエンザや風邪が多い時期ですので、感染対策の一環として日常的な手洗い等の手指衛生や咳エチケットを徹底してください。

◎咳エチケット・・・咳やくしゃみをするときは、周りへの感染を防止するため、ティッシュなどで口と鼻を覆いましょう。使用したティッシュはウイルスなどの病原体が付着しているため、すぐにゴミ箱へ捨て、その後十分な手洗いをしましょう。

  

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。

感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。

(厚生労働省)新型コロナウイルスを防ぐには<外部リンク>

 

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

(厚生労働省)新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安<外部リンク>

 

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものは、今回の新型を除きこれまでに6種類が知られています。深刻な呼吸器疾患を引き起こすものはSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)の2種類で、その他は感染しても通常の風邪などの症状にとどまります。コロナウイルスは、咳などによる飛沫感染やウイルスで汚染された手指等を介して接触感染することが知られており、予防策としては手洗い等の手指衛生の徹底等、通常の感染対策を行うことが重要です。

【WHO】 Coronavirus<外部リンク>

 

厚生労働省の電話相談窓口

  • 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
  • 受付時間 9時00分~21時00分(土日祝日も実施)

*2月7日(金)9時より新しい番号(フリーダイヤル)となりました。

*聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方に向けて、FAX(03-3595-2756)でも受付を開始しましたのでお知らせいたします。

 

外国人(がいこくじん)の方(かた)へ【やさしい日本語・中文(簡体)・한국어・English・Tagalog・Tiếng Việt】新型コロナウイルス・気(き)をつけてほしいこと /新型冠状病毒性肺炎・预防要点 /Novel Coronavirus Pneumonia・Prevention points

新型コロナウイルス感染症に関する県等の対応について

1 危機管理体制

 (1)「秋田県危機管理対策本部」の設置(令和2年2月7日)

 (2)「秋田県警察新型コロナウィルス警備対策室」(令和2年2月7日)

2 医療体制

  • 「帰国者・接触者外来」の設置(令和2年2月7日)

  二次医療圏(大館・鹿角、北秋田、能代・山本、秋田周辺、由利本荘・にかほ、大仙・仙北、横手、湯沢・雄勝の8圏域)に設置

3 相談窓口

 (1)「帰国者・接触者相談センター」の設置(令和2年2月7日)

    保健・疾病対策課(土日祝日含む毎日9時~21時)

    県保健所(平日9時~17時)

              秋田市保健所(土日祝日含む毎日9時~21時)

 (2)「一般電話相談窓口」  ※(1)と同様

 (3)「外国人相談センター」(県国際交流協会)において相談対応を行うとともに、外国人向け予防対策等をウェブサイトに掲載
     ※日、英、中、韓、タガログ(フィリピン)、ベトナムの6か国
          https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/47169

 (4)「中小企業・小規模企業者向け経営相談窓口」(県内商工団体等)において相談対応
          https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/47236

4 感染予防・まん延防止対策

 (1)県民向け注意喚起リーフレットによる周知(手洗い、咳エチケット、相談・受診等)

 (2)県有施設におけるアルコール消毒液の設置及び注意喚起リーフレットの配布・掲示

 (3)生活衛生営業者等への注意喚起(手洗い、マスク、咳エチケット等)

 (4)旅館、ホテル、民泊における注意喚起リーフレットの掲示

 (5)港湾(フェリーターミナル)・空港施設内へ注意喚起ポスターの掲示

    クルーズ船については、状況に応じて仙台検疫所秋田船川出張所による検疫を実施

    国際線チャーター便については、同出張所によるサーモグラフィー検査を実施

 (6)学校等、社会教育施設及び社会福祉施設への注意喚起

医療機関のみなさまへ

感染が疑われる患者は、37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に湖北省または浙江省に渡航もしくは居住していた方、又はそれらの方と濃厚接触歴がある方です。実際には、昨今の国内外の発生状況を踏まえ、これらの地域に限定されることなく、医師が新型コロナウイルス感染症を疑う場合には、自治体と相談の上で検査することになります。そのような患者が受診した場合は、最寄りの保健所へご連絡ください。

また、上記の患者を診察する場合は、標準予防策をはじめとした感染対策をお願いします。 

旅館・ホテル等の宿泊施設の営業者のみなさまへ

国からの通知等について、掲載しています。情報は随時更新していますので、ご確認ください。

【生活衛生課からのお知らせ】新型コロナウイルス感染症への対応について(旅館業等を営む方々へ)≪リンク先へ≫

 

中小企業・小規模企業者向け相談窓口について

県内の商工団体等では相談窓口を開設し、経営上の相談を受付しておりますので、お知らせします。

【産業政策課からのお知らせ】新型コロナウイルスの流行に伴う中小企業・小規模企業者向け相談窓口を開設しています≪リンク先へ≫

 

社会福祉施設等における新型コロナウイルスへの対応について

新型コロナウイルス感染症への対応に当たり、厚生労働省から事務連絡が発出されていますので、お知らせします。

【障害福祉課からのお知らせ】社会福祉施設等における新型コロナウイルスへの対応について≪リンク先へ≫ 

新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談センターについて

次のいずれかの症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  • 高齢者
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

妊娠中の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください。

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介します。

「帰国者・接触者相談センター」の指示に従い、受診してくださるようご協力お願いします。

  

<受付時間> 9時~21時

担   当 電   話 備   考

秋田県 健康福祉部

保健・疾病対策課

(健康危機管理班)

018-860-1427(直通)

土日祝日も対応

<県内保健所受付時間> 9時~17時(土日祝日を除く)

担   当 電   話 所管地域

秋田県 大館保健所

健康・予防課

0186-52-3955(代表) 大館市、鹿角市、小坂町

秋田県 北秋田保健所

健康・予防課

0186-62-1165(代表) 北秋田市、上小阿仁村

秋田県 能代保健所

健康・予防課

0185-52-4333(直通)

能代市、三種町、

八峰町、藤里町

秋田県 秋田中央保健所

健康・予防課

018-855-5170(直通)

男鹿市、潟上市、五城目町、

八郎潟町、井川町、大潟村

秋田県 由利本荘保健所

健康・予防課

0184-22-4120(代表)

由利本荘市、にかほ市

秋田県 大仙保健所

健康・予防課

0187-63-3403(代表) 大仙市、仙北市、美郷町

秋田県 横手保健所

健康・予防課

0182-32-4005(代表) 横手市

秋田県 湯沢保健所

健康・予防課

0183-73-6155(代表) 湯沢市、羽後町、東成瀬村

 <秋田市の相談窓口はこちら>9時~21時 *土日祝日も対応 

担   当 電   話 所管地域
秋田市保健所 018-864-1660(専用電話) 秋田市

ダウンロード

新型コロナウイルスに関するQ&A

関連情報