農地整備課

秋田の農業・農村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水は命の源であり、土は豊かな恵みを与えてくれます。
 私たちの身近にある水田も畑も、里山にある棚田も全て私たちの祖先が開拓し、それ以降長い年月毎年手入れをし守り続けてきた、いわゆる人の手の入った自然です。
 この農地と水で育まれた農村地域は、私たちの生活にかかせない食料の生産基盤であることはもとより、洪水や地すべりを防止するなどの国土保全、美しい景観の形成や多様な生き物の生息環境などの多面的な機能を有しています。
 土(農地)や水(農業用水やため池等)を保全し、次代に引き継いで行くことは私たちに与えられた責務です。
 農地整備課では、このような農業生産基盤の整備や保全を行う「農業農村整備事業」を実施しています。

新着情報

 

農業農村整備に係る計画等

農業農村に係るイベント情報

語り部交流会inあきた

ほ場整備を契機とした担い手育成の取り組み

戦略作物生産拡大のための取り組み

戦略作物の生産拡大には、ほ場の排水強化が不可欠であり、モミガラ補助暗渠などの実施例、効果等を紹介します。

農業農村整備事業に関する情報

農業農村整備事業に係る設計積算情報

項目タイトルをクリックすると県全般の設計積算情報を掲示する「建設部技術管理課」のサイトにジャンプします。

森林整備保全事業に係る設計積算情報

水土里ネット(土地改良区)に関する情報

※「水土里(みどり)ネット」とは・・・正式名称を「土地改良区」という農家の組織で(全国に約4700組織)、農地の整備や農業水路の維持管理を行っているほか、住民の方と連携した地域づくりや地域農業の振興のための活動を行っています。

あきたの農業農村データベース

農業農村整備事業に関する参考図書をダウンロードできます。

■リンク

関係ホームページへのリンク

このページを紹介する